相続税・贈与税ガイド

取得費加算の特例

  • 相続後3年10か月以内に相続財産を売却した場合は、相続税額の一部を取得費に加算することにより、譲渡所得にかかる税金が軽減

相続又は遺贈によって取得した財産を、相続開始の日の翌日から相続税の申告期限の翌日以後3年を経過する日までに譲渡した場合は、実際の取得費又は概算取得費に一定の相続税額を加算して、譲渡所得にかかる税金を軽減することができます。
なお、この特例と空き家の譲渡所得の特例(空き家の譲渡所得の特例参照)とは、選択適用となります。

譲渡所得の計算式

譲渡益
収入金額 -〔( 取得費 加算する相続税額 )+ 譲渡費用
特別控除 譲渡所得金額

取得費に加算する相続税額は?

取得費に加算する相続税額は、次の算式で計算した金額となります。ただし、取得費に加算する相続税額が、この特例を適用しないで計算した譲渡益の金額を超える場合は、その譲渡益相当額が、取得費に加算する金額となります。

譲渡した人の
納付すべき相続税額
×
譲渡資産の相続税の課税価格
債務控除前のその人の相続税の課税価格
取得費に加算する相続税額

譲渡所得にかかる税額は?

平成29年10月に相続で取得した土地の2分の1を、令和2年5月に譲渡しました。

取得した相続財産の課税価格 左のうち土地の相続税課税価格 譲渡した土地の相続税課税価格 土地の譲渡価額 取得費 仲介手数料 譲渡した人の納付すべき相続税額
1億円 8,000万円 4,000万円 5,000万円 不明 50万円 1,000万円

取得費に加算する相続税額は?

譲渡した人の相続税額 譲渡した土地の相続税課税価格 取得費に加算する相続税額
1,000万円 ×
4,000万円
1億円
400万円
取得した相続財産の課税価格

譲渡所得の金額と税額は?

収入金額 概算取得費 取得費に加算する
相続税額
譲渡費用
譲渡所得4,300万円
5,000万円 (5,000万円 × 5% 400万円 50万円)
収入金額 概算取得費
5,000万円 (5,000万円 × 5%
取得費に加算する
相続税額
譲渡費用
400万円 50万円
譲渡所得4,300万円
譲渡所得 税率
税額8735,450
4,300万円 × 20.315%
税額8735,450
  1. (注)特例の適用がない場合は、税額954万8,050円

物件情報・売却に関することならこちら

このガイドについて

このガイドは、株式会社 清文社の「令和2年版 土地建物の税金ガイド」を元に作成しており、内容は令和2年4月1日現在の法令等にもとづいております。年度途中に新税制が成立したり、税制等が変更になったり、通達により詳細が決まったりするケースがありますのでご了承ください。
税金は複雑な問題もありますので、ケースによっては、税理士など専門家にご相談ください。
(注)本サイトの文章、図表など一切の掲載内容について、無断で複製、転載又は配布、印刷等することを禁止します。

企画・制作/株式会社 清文社

プロが教える!あなたの相続対策