相続税・贈与税ガイド

新築住宅の購入 税金シミュレーション

新築住宅を購入した場合に、税金はいくらかかる?

前提条件

【物件価格】

土地(150m²) 3,000万円(固定資産税評価額2,100万円)
建物(120m²) 本体(請負金額)2,500万円 + 消費税250万円(税率10%) = 2,750万円
(固定資産税評価額1,500万円)
※長期優良住宅、令和2年5月契約、11月引渡し、12月居住開始

【取得者】

サラリーマン(38歳) 年収500万円、扶養親族1人(妻は専業主婦、小学生の子1人)

【取得資金】

自己資金 750万円
親からの資金援助 1,500万円(住宅取得資金の非課税特例 + 暦年課税)
住宅ローン 3,500万円(固定金利2.0%、返済期間35年)
画像
画像

※1すまい給付金シミュレーション 参照

※2住宅ローン控除参照

  1. (注1)建物に係る消費税率が10%適用のため、住宅ローン控除については居住開始後11年目~13年目も可能となっています。
  2. (注2)上記の前提条件の場合に一定の条件を満たせば、すまい給付金40万円の給付が受けられます。
  3. (注3)固定資産税は、住宅用地の負担調整措置及び建物にかかる経過年数に応じた評価減(経年減点補正率)は加味していません。

物件情報・売却に関することならこちら

このガイドについて

このガイドは、株式会社 清文社の「令和2年版 土地建物の税金ガイド」を元に作成しており、内容は令和2年4月1日現在の法令等にもとづいております。年度途中に新税制が成立したり、税制等が変更になったり、通達により詳細が決まったりするケースがありますのでご了承ください。
税金は複雑な問題もありますので、ケースによっては、税理士など専門家にご相談ください。
(注)本サイトの文章、図表など一切の掲載内容について、無断で複製、転載又は配布、印刷等することを禁止します。

企画・制作/株式会社 清文社

プロが教える!あなたの相続対策