相続税・贈与税ガイド

1. 相続税とは

相続税は亡くなられた人の遺産を対象にして、その遺産を取得した相続人などに課税される税金です。
原則として相続開始の翌日から10ヶ月以内に申告し、納税します(延納も可)。ところで、この課税対象になる遺産とは、現金・預金、有価証券、土地・建物のほか、死亡保険金や死亡退職金(一定額まで非課税)まで含まれます。
しかし、借入金などの債務が残っているときは、これを差し引いた正味財産が対象になります。

相続税の基礎控除

相続税には大きな基礎控除の制度があり、正味財産がこの基礎控除以下のときは、申告の必要はありません。相続税の基礎控除は、

3,000万円+600万円×法定相続人の数

という算式で示されて、仮りに、

妻・子供2人の計3人が相続人としますと
3,000万円+600万円×3人=4,800万円
が基礎控除となります。

結局、正味財産(遺産-債務)から基礎控除を差し引いた残額が、相続税の対象になるのです。
たとえば、遺産総額3億円、債務1億円、相続人3人のケースでの課税対象は、

3億円-1億円-(3,000万円+600万円×3人)=1億5,200万円

遺産のなかでも、土地・建物などについては基本的には時価評価ですが、運用上は相続税法の特別な評価法によって評価します。
また、配偶者については取得する正味財産が1億6,000万円以下か法定相続分以下のいずれか高いほうの金額までに対応する税額控除が設けられています。つまり、1億6,000万円以下または法定相続分以内の相続であれば課税されないわけです。

相続税額早見表

1. 配偶者のいるケース

単位:万円
遺産総額 相続人
子供1人 子供2人 子供3人
10,000 385(0) 315(0) 263(0)
15,000 920(0) 748(0) 665(0)
20,000 1,670(668) 1,350(540) 1,218(487)
25,000 2,460(1,771) 1,985(1,429) 1,800(1,296)
30,000 3,460(3,229) 2,860(2,669) 2,540(2,371)
35,000 4,460 3,735 3,290
40,000 5,460 4,610 4,155
45,000 6,480 5,493 5,030
50,000 7,605 6,555 5,963
60,000 9,855 8,680 7,838
70,000 12,250 10,870 9,885
80,000 14,750 13,120 12,135
90,000 17,250 15,435 14,385
100,000 19,750 17,810 16,635

配偶者のいるケースでは配偶者が法定相続分の1/2を相続した時の税額。( )は配偶者が16,000万円まで相続したケース。

2. 配偶者のいないケース

単位:万円
遺産総額 相続人
子供1人 子供2人 子供3人
10,000 1,220 770 630
15,000 2,860 1,840 1,440
20,000 4,860 3,340 2,460
25,000 6,930 4,920 3,960
30,000 9,180 6,920 5,460
35,000 11,500 8,920 6,980
40,000 14,000 10,920 8,980
45,000 16,500 12,960 10,980
50,000 19,000 15,210 12,980
60,000 24,000 19,710 16,980
70,000 29,320 24,500 21,240
80,000 34,820 29,500 25,740
90,000 40,320 34,500 30,240
100,000 45,820 39,500 35,000

このガイドについて

このガイドは平成29年4月1日現在の法令にもとづいて作成したものです。年度途中に新税制が成立したり、税制等が変更になったり、通達により詳細が決まったりするケースがありますのでご了承ください。
平成25年分から所得税のほかに復興特別所得税が所得税額の2.1%課税されますが、計算の都合上これを除外している場合があります。
平成31年10月1日より消費税が10%にアップされる予定ですが、経済情勢などにより延期される可能性があります。
相続税・贈与税には複雑な問題もありますので、ケースによっては、税理士・弁護士など専門家にご相談ください。

執筆・監修 税理士/中村 節弥

編集・制作/株式会社サンビー企画

プロが教える!あなたの相続対策