キッチンのタイプ別メリット・デメリット

キッチンにはさまざまなバリエーションがありますが、当然、タイプによって特徴や使い勝手が異なります。そこで今回は、「オープンタイプ」「セミオープンタイプ」「クローズドタイプ」の3種に大別して、それぞれのメリットやデメリットをご紹介します。この記事を参考に、ご自身の家族構成や求めるライフスタイルに見合ったキッチンを選んでみてください。

キッチンのタイプ別メリット・デメリット

オープンタイプ

オープンタイプ

リビングダイニング内にキッチン台が設置されたタイプのことで、他のスペースに対してキッチンが開放的になっていることからこの名で呼ばれます。ひと昔前は、壁沿いにキッチン台が置かれたタイプがオーソドックスでしたが、最近は、キッチン台の全部または一部をリビングダイニングの壁から離して設置する「アイランドキッチン」なども増えています。

メリット

・ 家族や来客とコミュニケーションをとりながら調理できる
・ 料理や食後の洗い物などを受け渡しやすい
・ 設備機器メーカーがデザインなどのバリエーションを豊富にそろえている

デメリット

・ 調理中に発生する油煙やニオイがリビングダイニングに広がりやすい
・ リビングダイニングにいる来客からも見えるため、常にきれいに片づけておく必要がある
・ 小さな子どもを遠ざけにくいので注意が必要

例えばこんな人にオススメ

「オープンタイプ最大の魅力は開放感です。友人を多く招いてホームパーティーを楽しみたいという人に向いています。また、さまざまな方向からキッチン台に向かって立つことができますから、夫婦や親子など、調理を通じて家族同士でコミュニケーションを深めたいという人にもオススメです。」(井上さん、以下同)

オープンタイプ1
オープンタイプ2

クローズドタイプ

クローズドタイプ

リビングダイニングや洗面所などの隣接スペースとキッチンスペースが、壁で仕切られているタイプのことです。他のスペースから閉ざして独立性を高めていることから、この名で呼ばれます。

メリット

・油煙やニオイなどをキッチンスペースに閉じ込めやすい
・出入口に柵を置くことなどで、幼児の侵入を防ぎやすい
・散らかっていても人目につかない

デメリット

・ 独立性が高いため、他の部屋の様子が分かりにくい。小さい子どもがいる場合は注意が必要
・ スペースに限りがあるので、複数人で調理するには狭く感じるケースが多い
・ 料理や食後の洗い物などを運ぶ際、面倒に感じることも

例えばこんな人にオススメ

クローズドタイプ

「他のスペースからの視線が遮られるので、見た目を気にせずサッと手を伸ばせる場所に調理器具や食器を配置するなど、機能を優先してレイアウトできるのが、クローズドタイプの強みです。調理に集中しやすいので、時間を効率的に使いたい共働きのカップルや、キッチンを使う人がほぼ決まっている専業主婦世帯などにおすすめです。」

セミオープンタイプ

クローズド同様、キッチンスペースが壁で仕切られつつ、ダイニングと面した壁に開口部が設けられたタイプのことです。ダイニング側にカウンターが付いた「対面カウンター式」などが該当します。なお、似たような間取りでも、上部の吊戸棚やキッチン周囲の壁がない場合は、オープンタイプに分類されることもあります。

メリット

・ ダイニング側を向いて調理できるので、子どもへの目配りや来客との会話を並行しやすい
・ オープンタイプよりはダイニングからの視線が届きにくいので、多少散らかっていても気にしないで済む
・ 出入口に柵を置くことなどで、幼児の侵入を防ぎやすい

デメリット

・ クローズドタイプに比べて、調理中の油煙やニオイがダイニングに拡散しやすい
・ クローズドと同じ理由で、複数人で調理するには手狭になりやすい

例えばこんな人にオススメ

「オープンタイプとクローズドタイプの“いいところどり”をしたのがセミオープンタイプといえます。汎用性が高いため、幅広い家族構成・ライフスタイルにマッチさせられます。デメリットに油煙やニオイを挙げましたが、ダイニングと面した開口部にロールブラインドを付ければ、効果的な対策になります。」

購入後にリフォームするならこんな点にご注意を

中古マンションを購入して、好みのキッチンタイプにリフォームするという選択肢もあります。ただし、どのような物件でも思い通りに替えられるというわけではありません。キッチンの場合は、特に以下の点に注意しましょう。

位置を変えるなら二重床がベター

床スラブ(下階住戸との境になるコンクリート板)に水道管が埋め込まれている物件の場合、キッチンの位置は変えられません。「配管の自由度が高まる二重床になっている物件が望ましいですね。ただし、二重床でも排水縦管との位置関係による制約が生じるので、希望を実現可能なのか、事前に確認してください。」

クローズドキッチン周囲の壁も確認

壁式構造のマンションの場合、建物全体の強度を支えている「耐力壁」には手を加えられません。「クローズドキッチンを囲む壁に耐力壁があると、取り払ってオープンタイプにするというわけにいかないのです。購入検討時に確認してください。」

※上記については、「中古マンション購入&リノベーション検討時の注意点~前編~」もご参照ください。

首都圏で中古マンション・一戸建て・土地を検索する

エリア・沿線・ご希望の条件から物件を探す