ご挨拶

取締役社長 竹内伸行

「創業30周年」を迎えて

弊社の創業は、昭和62年から昭和63年の間に、各信託銀行を母体に設立された「菱信住宅販売」「東洋住宅販売」「日信住宅販売」を起点としますが、その後、「菱信住宅販売」と「日信住宅販売」の経営統合(平成13年)、更に「UFJ住宅販売」(旧「東洋住宅販売」)との経営統合(平成17年)を経て現在の弊社に至っており、本年で「創業30周年」の節目を迎えました。

設立当初は、主に個人のお客さまを対象とした住宅仲介業務からスタートしましたが、グループ各社との連携等によって、法人のお客さまの事業用不動産のほか、投資用収益物件の仲介から不動産の有効利用なども含めて業容を拡大し、現在では三菱UFJ信託銀行グループの中核会社として、また、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の総合不動産流通会社として、ハイ・クオリティなソリューションをお客さまに提供するべく前進を続けています。これまでのお客さまのご支援とご愛顧にあらためて深く感謝申し上げます。

これからも弊社は、三菱UFJ信託銀行と一体になって不動産ビジネスを推進するとともに、グループ各社が展開するビジネスとも連携し、お客さまの信頼と信用にお応えし金融系不動産流通会社に相応しいサービスを提供するべく努力してまいりますので、今後とも相変わらぬご愛顧を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。