住まいの税金ガイド

すまい給付金

  • 年収要件を満たす住宅取得者に最大50万円を給付
消費税率10%時最大給付額 50万円

消費税増税後の住宅取得にかかる負担を軽減するため、一定の年収要件等を満たす住宅取得者に対して、消費税率10%時に最大50万円を給付する「すまい給付金」が実施されています(令和3年12月入居分まで)。給付額は、収入額(都道府県民税の所得割額)に応じた給付基礎額のうち、登記上の所有権の持分割合に応じた金額となります。

給付額の計算方法・イメージ 給付額の計算方法・イメージ
(注1)
収入額の目安は、夫婦(妻は収入なし)及び中学生以下の子どもが2人のモデル世帯において、住宅取得する場合の夫の収入額の目安です。
(注2)
収入額は、都道府県民税の所得割額で確認します。詳しくは、すまい給付金の公式HPを参照してください。

主な要件

新築住宅
住宅ローンで取得した場合の要件
  • 対象者自身が居住していること
  • 床面積が50m²以上であること
  • 施工中に第三者機関による品質確認の検査を受けていること
上記に加えて…
自己資金で取得した場合の追加要件
  • 50歳以上であること
  • 収入額の目安が650万円以下
  • フラット35Sと同等基準を満たすものであること
(注)
売主が宅地建物取引業者である一定の中古住宅も給付金の対象となります。

物件情報・売却に関することならこちら

このガイドについて

このガイドは、株式会社 清文社の「令和2年版 土地建物の税金ガイド」を元に作成しており、内容は令和2年5月1日現在の法令等にもとづいております。年度途中に新税制が成立したり、税制等が変更になったり、通達により詳細が決まったりするケースがありますのでご了承ください。
税金は複雑な問題もありますので、ケースによっては、税理士など専門家にご相談ください。
(注)本サイトの計算例は、原則、例示取引にかかる税額を便宜的に計算しており、必ずしも最終的な納付税額ではないことから端数処理を考慮していない場合があります。
(注)本サイトの文章、図表など一切の掲載内容について、無断で複製、転載又は配布、印刷等することを禁止します。

企画・制作/株式会社 清文社